仲介で売却しよう!

愛和住販は自宅売却時の仲介手数料が半額です

仲介で売却するメリットとデメリット

まず、仲介で売却するメリットは買取りよりも高く売却ができる。という一言に尽きます。

買取りと違い直接市場に売りに出し、一般のお客様に買ってもらうのですから高く売る事が可能です。

デメリットとしては、

いつ売れるか分からない。

購入希望のお客様に室内を見せたりしなければならないので煩わしい。

ご近所の人に自宅を売却している事が知れてしまう。

などが挙げられます。

それでも買取りよりも高い値段で売却することが出来るのが最大のメリットと言えます。

 

媒介契約の種類

さて仲介で売却するためにはまず不動産会社と『媒介契約』を取り交わす必要があります。

この『媒介契約』は大きく分けて2種類あります。

ひとつは『専任媒介契約』です。この専任型の媒介契約は更に『専任媒介』と『専属専任』という2種類に分かれています。どちらにしても『専任媒介』とは、1社だけと媒介契約を結び他の不動産会社とは媒介契約を結び売却を依頼する事はできません。

もうひとつは『一般媒介契約』です。こちらの媒介契約は複数の不動産会社に売却の依頼をすることができる媒介契約です。

不動産会社側から見ると、専任媒介はレインズと呼ばれる不動産流通機構に情報を公開したり定期的に販売状況を報告する義務が生じますが、一般媒介ではそのような義務は生じないという違いもあります。

 

一般媒介のススメ

では、専任媒介と一般媒介ではどちらが有利に売却をする事が出来るのでしょうか?

不動産会社側すれば、自社のみが窓口になって販売できる専任媒介を結んでくれた方がいいに決まっています。専任媒介ならば必ず仲介手数料がもらえるわけですからどの不動産会社も色々と専任媒介のメリットを説明する事でしょう。

 

「専任媒介ならば優先的に広告をします」

「専任媒介ならば定期的に報告します」

「専任媒介ならば窓口が一本なので煩わしくありません」

「専任媒介ならば仲介手数料をオマケします」

 

などなど、それらしい事を言われると思います。でも、広告をしたり報告をしたりというのは、なにも専任媒介でなく一般媒介でも売却をするために普通にする事です。

媒介契約書の第1条第1項に『乙(不動会社)は、契約の相手方を探索するとともに、契約の相手方との契約条件の調整等を行い、契約の成立に向けて積極的に努力します』と明記されています。これは専任媒介でも一般媒介でも同じです。むしろ専任媒介じゃないと一生懸命売れません。というような不動産会社は成約に向けての義務違反であり、そんな会社に専任で売却を任せる方が嫌ですよね?

 

このように不動産会社が説明する専任媒介での売却のメリットはほとんどありません。また後述しますが不動産会社の中には専任媒介にすることにより大きなデメリットをお客様に負わせる会社も少なくありません。

 

それに対し一般媒介は自社で買主さんを見つけないと不動産会社は一銭にもなりません。だからこそ頑張って売却しようとするのです。専任媒介の方が頑張れる。という会社さんも有るでしょうが、一般媒介ならばその会社が頑張らなくても他の会社が頑張ってくれます。不動産会社同志の競争も生まれ相乗効果もあります。私が自宅を売却するなら迷わず一般媒介にします。

 

そうような理由で愛和住販では一般媒介をオススメします
専任媒介をいただきたいのはヤマヤマですがお客様の事を考えると一般媒介がいいと思うのです。
そして一般媒介をオススメするからには、愛和住販は一般媒介でも仲介手数料半額で取り扱わせていただきます。

もちろん「愛和住販に専任で売却を依頼してあげよう」というお客様も大歓迎です(笑)

最後に専属専任媒介はよほどの理由のない限り締結しないようにしてください。専属専任媒介は不動産会社にだけメリットがあってお客様にはほとんどと言っていいほどメリットはありません。

 

運営サイト一覧

おうち売却物語からのお知らせ

Information

お役立ち読み物コンテンツ
お役立ちリンク

公式ブログ & お客様からの声

愛和ブログ街
お客様の声
お問い合わせはこちらから

SNS